転職,SE,PG

エンジニアとしての将来を考えるとき

エンジニアとして将来はどうなるのだろうと考えることはありませんか?忙しいエンジニアほどよく考えるという話もありますね。

 

本当に馬車馬のように働いているときはさすがにそんなことを考える余裕はないけれども、その日の仕事が終わって帰宅途中にふと将来について不安になる瞬間・・・

 

毎日忙しくて、疲れても休みなく働かざるを得ない
お客さん、クライアントからの無理な要求が営業経由でくると断れない
他に行っても役立つスキルを身に付けたいと思うがなかなか実現に移すことができない

 

エンジニアは技術の進歩が速い業界ですから、何かを身に付けるにしても早めが有利です。またある程度の年齢になったら現場で働くには手を動かす能力以外に、リーダーやマネージメントの能力も要求されます。こうしたスキルとさらには業務経験がなければ、エンジニアとして働いていくのは不安が生じます。

 

ただこうした一般論は分かっているものの、いざ自分で動くにはどうしたらよいのか分からないという場合も多いでしょう。その理由として『今の職場の環境』がネックになっていることも多いです。

 

●日々、たくさんの仕事があるために他のスキルアップを始める余裕がない。
●職場の雰囲気が『将来のキャリアを見据える』という雰囲気ではなく、まずは仕事を仕上げることで精一杯。

 

と言う状態のため、ジレンマに陥っているエンジニアも少なくありません。しかしジレンマになって行動が止まってしまっては、そこからの進展はありませんから、何らかのアクションは必要です。アクションを起こすためには何らかの指針も必要でしょう。

 

その際、第三者からのアドバイスも有効です。しかしまるっきり業界に無知な人のアドバイスよりも、業界に詳しい人のアドバイスの方が有効であるのは言うまでもありません。そのために、転職サイトのエージェントをうまく使いたいものです。また、こうしたサイトも役立つかもしれませんね。⇒SE転職やりがい