転職,SE,PG

プログラマーの位置づけとキャリアについて

プログラマーというのはIT業界での位置づけで言うと、ほとんどの場合プロジェクトの下層の位置に属します。

 

下層というと、、、ゼネコンで言うと下請けあるいは孫請けということになりますから、労働条件はあまり良いものではありません。

 

自分でプログラミングを行ったものが思い通りに動くという経験が喜びになっているというプログラマーも多いですが、プロジェクトで組むようなプログラムだとなかなか成果も目に見えづらいものがありモチベーションが上がりにくい。。。というところもあります。

 

そして日本では一般的にプログラマーはプロジェクトの下層に位置するというだけで軽く見られがちです。この辺りは、欧米とは異なります。欧米では専門性を尊重する風潮が日本よりも高いです。そのため、プログラマーも専門的スキルを有する人材として扱われます。日本での今後の課題ともいえます。。。

 

とはいえここは日本、そしてプログラマーというのも一つの仕事ですから、キャリアプランを考えて仕事を続けていくしかない、というものですよね。

 

プログラマーはよく言われる通り年齢による制限がある仕事です。年を取ると体力的なものや新しい技術への追随がむずかしくなり現場でのプログラマーとしてづづけるのが難しくなります。
その代わりにチームリーダーやマネージャーとして活躍していく人が多いですね。

 

忙しくてなかなか将来のことを考える暇もないプログラマーやITエンジニアですが将来のキャリアについては無理にでも時間を取って考えた方が将来のためになるはずです。