転職,SE,PG

プログラマーとキャリアプラン

プログラマーと年齢の制限については気になる方が多いですよね。

 

現役プログラマーの方としても「プログラマーとしてやっていける年齢は何歳ぐらいまでなのか?」というような不安を抱いている人が結構います。

 

また、結構多いのがプログラマーのパートナーの方が将来について心配しているケースです。
年齢の高いプログラマーはどこに?

 

プログラマーも人によっては

 

・帰宅する時間がかなり遅い
・給料が少し低い
・会社から無理な業務を命令されている

 

というような状態が続くことがあります。そうなると過労で倒れてしまわないかと家の人も心配になりますし、一家の大黒柱であればなおさら不安になるでしょう。

 

実際問題、プログラマーで現場で30代後半や40代というのはほとんど見かけません。見かけるのは若い方ばかりです。これは体力的な問題もありますし、次から次へと新しい技術が出てくるために、頭の柔軟性が追い付かないというところもありますね。

 

プログラマーでも年齢がある程度高い人は、管理職に移っていき現場を統括する立場になるか、あるいは異業種に転職するという方がほとんどです。今の会社で勤めて続けて、将来的にマネージメントの立場になれるようであれば問題ないですが、そうでないなら早めに将来のことを考えておいた方がよいということです。

 

最近の需要の高い言語としてJavaやPHPがあります。こうした言語が使えるのならずっとプログラマーとしてやっていくことも可能では?と思うこともあるかもしれませんが、一方、こうした言語の変化は早く、今主流であってもこの先5年後10年後に主流の言語として使われているかは分かりません。