転職,SE,PG

社内SEの求人を探す際の注意点

求職するエンジニアにとって人気のある職種の1つに、社内SEがあります。

 

社内SEはその名の通り、自社内で業務を行うSEです。受託開発もいいけれども開発バリバリ、納期ピリピリの企業はちょっと避けたい。でもできれば自社内で働くことができる職種が良い、というエンジニアにとって社内SEというのはかなり良い響きなのです。

 

とはいえ、一口に社内SEといってもさまざまな業務があるのをご存知でしょうか。

 

社内のネットワークやデータベースを構築したり運用するSE、社内のツールやシステムを自社開発するSEなど、これらは開発に近い業務ですね。お客さん向けに納品をするのではなく自社内システムとして開発をするので利用者の顔が見えるという特徴もあります。

 

あとは社内向けにヘルプデスクやキッティングなどを請け負う業務もあります。こちらの業務はヘルプデスクとしてカチッと枠組みが決まっているものから、社内のIT何でも屋のようなスタンスまで幅広くあります。

 

「社内SE募集」という求人は見かけますが、実際の業務で何をしてもらうつもりなのか?というのはよくよく確認しておく必要があります。

 

そして多いパターンとしては、社内SEとしてすべきことが当初ははっきりと決まっていないというケースです。採用されると『社内のIT処理がスムーズに進むように必要な業務をお願い』とばかりに、あとは自分で考えながら仕事をするケースもあります。まあ、これはこれでやりがいがあって面白いのですが。

 

ただいずれにせよ、求人については個人では確認できる情報に限界があります。転職サイトを利用して転職サイトで確認するとより詳細な情報がはいることが珍しくありません。